Monday, April 8, 2013

今日の予定:自己紹介とMoodle

今日は通常の教室(1134PC)で授業をはじめます。そこで、3年生と4年生から成るグループを作り、自己紹介などをしてもらいます。次にパソコンの教室(123)に行き、Moodleに登録してもらいます。学生の登録は私にとって初めての作業ですが、次の説明を受けています。
学生の登録方法は、ログインをクリック
普段使用している学生の個人アカウントとパスワードを入力
正しくログインできると学生の名前が表示されたユーザー登録画面に進みます。
そこで「氏名」、「学籍番号」、「メールアドレス」、「学部」、「学科」が必須入力項目なので学生に入力してもらいます。
メールアドレスの項目でアカウントが表示されるので@e.kumagaku.ac.jpを追加して一番下の「プロファイルを更新する」をクリックすると登録したメールアドレスにMoodleからメールが送られているので、メールを確認させるようにしてください。
受信して受信箱を見ると「KGU 経済学部 Moodle Siteのメール更新確認」というタイトルでメールが送られているので本文に書かれているURLをコピーしてブラウザで開かせてください。
そうすると生徒の本登録が完了します。
ちょっと長い説明になってしまいました。
登録ができたら、次の課題をしてもらいます。
  • 提出形質:ワードファイル
  • 字数:200字以上
  • 内容
    1. グループのメンバーについて
      今日のグループで一緒になったメンバーのうち、自分と違う学年の人を一人選んで、その人の名前とその人から聞いた話を一つ書いてください。
    2. 調べたいテーマについて
      • 調べたいテーマがはっきりしている場合
        何を調べたいかがはっきりしている場合には、まず、テーマをできるだけ明確に、そして具体的に表現してください。例えば、「日米関係」よりは「在沖縄の基地移設問題が日米関係に及ぼしている影響」の方が具体的でいいと追います。残りの200字で、そのテーマに興味をもった理由、特に関心を持っている側面、現時点でわかっていることや疑問に思っていることなどについて書いてください。
      • 調べたいテーマがまだはっきりしない場合
        本格的に調べたいテーマがまだわからない場合にはいくつかの「テーマ候補」について書いてください。「テーマ候補」はやや漠然としていてもいいです。自分が興味を持っていること、好きなこと、あるいは逆に気になっていること、心配していることなどについて書いてください。演習IIなどで話題になったテーマの中にもう少し調べてみてもいいと思っているテーマがあれば、それを書いてもいいです。「個人的な不安」などもテーマにつながるかもしれません。例えば、以前、内定をもらった会社の「サービス残業」の多さについて心配していた学生が、その不安をきっかけに「サービス産業」について論文をまとめ、図書館の懸賞論文として「入選」し、5万円を受け取ることになりました。「これは論文にならないから」ということをあまり心配しないで、関心のある事柄について自由に書いてください。

No comments: